株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

尿道腫瘍 (尿道カルンクルを含む)[私の治療]

No.5092 (2021年11月27日発行) P.46

菊地栄次 (聖マリアンナ医科大学腎泌尿器外科学教授)

登録日: 2021-11-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 【尿道癌1)2)
    原発性尿道癌は非常に稀な腫瘍で,人口100万人当たり1.1〜1.5人の発生数である。65歳以上の発症が多く,男女比は1:1.5〜3と女性に多い。最も多い組織型は男女とも尿路上皮癌 (45〜77%)であり,ついで男性では扁平上皮癌 (10〜35%),腺癌 (5〜12%)の順となる。女性では腺癌 (29〜40%),扁平上皮癌 (5〜29%)の順となる。

    【尿道カルンクル】
    尿道カルンクルは女性の外尿道口部にみられる良性ポリープで,閉経期以降の女性に認められることが多い。

    ▶診断のポイント

    【尿道癌】

    前立腺部尿道の尿路上皮癌では,前立腺間質浸潤の有無や前立腺癌を否定するためにPSA値を確認することが重要である。

    女性の尿道癌では経尿道的あるいは経腟的生検で確定診断を行う。

    尿道癌の原発腫瘍のT分類は,Ta:乳頭状非浸潤癌,Tis:上皮内癌,T1:上皮下結合組織に浸潤,T2:前立腺 (特に前立腺部尿道の尿路上皮癌では前立腺間質),尿道海綿体,尿道周囲筋層のいずれかに浸潤,T3:陰茎海綿体,前立腺被膜外,腟前壁,膀胱頸部のいずれかに浸潤,T4:膀胱などの隣接臓器に浸潤,にわけられる。

    ▶私の治療指針・処方の組み立て方

    【尿道癌】

    前立腺部尿道の尿路上皮癌は,大きく非浸潤性癌 (Ta/T1/Tis N0 M0),浸潤性癌 (T2/T3/T4 N0 M0あるいはTany N1/N2 M0),転移性癌 (Tany Nany M1)の3つのタイプにわけて治療を進める。

    前立腺部尿道を除いた原発性尿道癌は,大きく非浸潤性癌 (Ta/T1/Tis N0 M0),局所浸潤性癌 (T2 N0 M0),尿道周囲浸潤性癌 (T3/T4 N0 M0あるいはTany N1/N2 M0),転移性癌 (Tany Nany M1),の4つのタイプにわけて治療を進める。

    【尿道カルンクル】

    尿道カルンクルは,まず抗炎症作用のある軟膏塗布にて保存的治療を行うが,出血,疼痛,尿勢異常,排尿困難などの症状が強い場合には手術加療を考慮する。

    残り1,233文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    関連物件情報

    page top