株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

急性単純性膀胱炎に対する処方薬

No.5083 (2021年09月25日発行) P.53

宮﨑 淳 (国際医療福祉大学医学部腎泌尿器外科主任教授)

登録日: 2021-09-23

最終更新日: 2021-09-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急性単純性膀胱炎に対する処方薬,抗菌薬についてご教示下さい。(千葉県 M)


【回答】

 【抗菌薬選択は,多剤耐性グラム陰性菌による感染のリスクに依存する】

尿路感染症には,膀胱炎(膀胱/下部尿路の感染)および腎盂腎炎(腎臓/上部尿路の感染)が含まれます。女性では,尿路感染症の病因は,糞便フローラからの尿路病原体による腟口のコロニー形成から始まり,続いて尿道を経由して膀胱に上昇し,腎盂腎炎の場合は,尿管を経由して腎臓に到達します。急性単純性膀胱炎は,膀胱に限局していると推定される急性尿路感染症を指します。このような感染症には,膀胱を越えて広がる感染症を示唆する兆候や症状がありません。すなわち,発熱,全身性疾患の他の徴候または症状(悪寒や倦怠感),側腹部痛や腰背部痛を認めません。急性単純性膀胱炎に罹患する患者の多くは性的活動期の女性です。そのため,「JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015」1)では閉経前女性における急性単純性膀胱炎と,閉経後女性における同膀胱炎とは区別されています。

治療において,empiricな抗菌薬選択は,多剤耐性(multidrug-resistant:MDR)グラム陰性菌による感染のリスクに依存します。たとえば,近年話題の基質拡張型β-ラクタマーゼ(extended spectrum β-lactamase:ESBL)産生菌の約70%はキノロン系薬耐性であるため,抗菌薬の選択に慎重になる必要があります。

閉経前の女性における急性膀胱炎の分離菌としては,グラム陽性球菌(Staphylococcus saprophyticusなど)の分離頻度が比較的高く,大腸菌はβ-ラクタマーゼ阻害薬(β-lactamase inhibitor:BLI)配合ペニシリン系薬,セフェム系薬,キノロン系薬いずれも90%以上の感受性が認められます。そのため,原因菌が不明の場合,またはグラム陽性球菌が確認されている場合には,キノロン系薬を第一選択としても大丈夫ですが,尿検査でグラム陰性桿菌が確認されている場合には,セフェム系薬またはBLI配合ペニシリン系薬が推奨されています。

閉経後の女性における急性膀胱炎の分離菌としては,グラム陽性球菌の分離頻度が低く,大腸菌はキノロン耐性化率が高いため,第一選択としてはセフェム系薬またはBLI配合ペニシリン系薬が推奨されています。また,ESBL産生菌に対して,経口抗菌薬としてはファロペネム(FRPM),ホスホマイシン(FOM)などが有効です。

【文献】

1) JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会:日化療会誌. 2016;64(1):1-30.

【回答者】

宮﨑 淳 国際医療福祉大学医学部腎泌尿器外科主任教授

関連記事・論文

関連書籍

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

関連物件情報

もっと見る

page top