株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS ピーナッツ摂取量が多い日本人、脳梗塞などの発症リスク低下─JPHC研究で明らかに

No.5083 (2021年09月25日発行) P.70

登録日: 2021-09-11

最終更新日: 2021-09-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人約7万5000人(45~74歳)を対象に生活習慣とがん・脳卒中・心筋梗塞などとの関係を約15年間追跡調査した国立がん研究センターの多目的コホート研究(JPHC研究)班(研究代表者:津金昌一郎国立がん研究センター社会と健康研究センター長)は9月9日、「ピーナッツ摂取量が多いほど、脳卒中、脳梗塞、循環器疾患の発症リスクの低下がみられる」との研究成果を「Stroke」誌で論文発表した。

ピーナッツは、不飽和脂肪酸、ミネラル、ビタミン、食物繊維などを多く含み、欧米諸国の先行研究では、ピーナッツ摂取が循環器疾患の予防に有効であることが報告されているが、日本人はピーナッツ摂取が欧米に比べ少ないこともあり、循環器疾患との関連が明らかにされていなかった。

■脳梗塞で20%、循環器疾患で13%低下

JPHC研究班は、食事アンケート調査のピーナッツ・落花生の摂取状況から1日当たりの摂取量を算出し、4つのグループに分け、その後の脳卒中(脳出血、脳梗塞)、虚血性心疾患発症との関連を調査。

追跡期間中に3599人が脳卒中を、849人が虚血性心疾患を発症したが、分析した結果、ピーナッツ摂取量が最も少ないグループに比べ最も多いグループは、脳卒中で16%、脳梗塞で20%、循環器疾患で13%発症リスクが低下することが確認された。ピーナッツ摂取量と脳出血、虚血性心疾患との関連はみられなかった。

研究班によると、ピーナッツ摂取量と循環器疾患発症リスクの関するアジアからの報告はJPHC研究が初めてという。

【関連情報】

JPHC研究「ピーナッツ摂取と脳卒中および虚血性心疾患発症との関連」概要版

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top