株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

本当に異常なしでよい?[画像診断道場~実はこうだった(191)]

No.5075 (2021年07月31日発行) P.1

重本蓉子 (国立精神・神経医療研究センター病院放射線診療部)

佐藤典子 (国立精神・神経医療研究センター病院放射線診療部部長)

松田博史 (国立精神・神経医療研究センター病院放射線診療部/南東北創薬・サイクロトロン研究センター)

登録日: 2021-07-29

最終更新日: 2021-07-28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

55歳,女性
2カ月前に感冒様症状を認めた。その後,意味不明な言動あり,無銭飲食を繰り返していた。双極性障害の診断で当院精神科に措置入院となった。入院時スクリーニング目的の頭部CT検査にて上記画像を得た。
既往歴:手根管症候群,下腿蜂窩織炎。
家族歴:特記事項なし。
入院時検査所見:身体,血液検査は特記すべき異常なし。

プレミアム会員向けコンテンツです(最新の記事のみ無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

関連物件情報

page top