株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 新型コロナワクチンの職域接種「6月21日から開始」─モデルナ製ワクチンを使用

No.5068 (2021年06月12日発行) P.71

登録日: 2021-06-02

最終更新日: 2021-06-02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤勝信官房長官は6月1日、新型コロナワクチン接種について「地域の負担を軽減し、接種の加速化を図るため、6月21日から職域接種を開始することを可能とする」と発表した。

職域接種は、企業や大学等が医療従事者や会場を自ら確保し、学校を含め職域単位でワクチン接種を進めるもの。ファイザー製ワクチンは自治体による接種に使用されているため、職域接種ではモデルナ製ワクチンを使用する方針。

加藤官房長官は「高齢者への接種が早期に完了する見込みである自治体においては、自治体の判断でさらに時期を前倒しすることも可能とする」と述べた。

厚労省が1日付で全国に通知した職域接種の概要は下記の通り。

新型コロナワクチン職域接種の概要

【使用するワクチン】
〇モデルナ製ワクチン

【開始時期】
〇6月21日~(自治体の判断で時期を前倒しすることも可能)

【接種会場・医療従事者の確保等】
〇企業や大学等が自ら確保

【実施形態】
〇企業単独での実施
〇中小企業が商工会議所等を通じて共同で実施
〇企業が下請け企業など取引先も対象に含めて実施
〇大学等が学生も対象に含めて実施
 など

【接種順位】
〇職域接種の対象者の中で、高齢者や基礎疾患を有する者が優先的に接種できる機会を設ける

【接種費用】
〇予防接種法に基づき支給

【接種券】
〇接種券が届く前でも接種可能(接種券が発送された後は、企業や大学等で本人から回収し予診票に添付の上、必要な処理を行う)

【関連記事】

菅首相、6月中に「広く一般への接種開始」─1日100万回接種達成は「6月中旬以降」

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

page top