株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

多形滲出性紅斑[私の治療]

No.5061 (2021年04月24日発行) P.40

中島沙恵子 (京都大学大学院医学研究科皮膚科学教室講師)

登録日: 2021-04-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 多形滲出性紅斑(erythema multiforme:EM)は,特徴的な標的状の浮腫性紅斑(target lesion)が四肢伸側を中心に対称性に多発することを特徴とする。EMの大半は予後良好であるが,一部では粘膜病変とともに水疱・びらんを形成し,臓器障害などの全身症状を伴い重症化することもあるため,注意が必要である。成人では,単純ヘルペスや肺炎マイコプラズマなどの感染症,薬剤に対するアレルギーが原因であることが多い1)

    ▶診断のポイント

    EMは小紅斑~紅色丘疹が四肢伸側に対称性に発症し,やがて遠心性に拡大して境界明瞭な類円形の浮腫性紅斑となる。個疹は辺縁が隆起し中心は陥凹して,EMに特徴的な標的状(target)もしくは虹彩状(iris)の外観を呈する(図)。特徴的な皮疹をみた場合の診断は比較的容易である。炎症が強いと中心部に水疱形成やびらんを認める。発熱や粘膜疹を伴う場合は重症化の可能性が高いため,注意を要する。また,感染症の症状や薬歴について詳細に問診することも肝要である。

    残り771文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連求人情報

    関連物件情報

    もっと見る

    page top