株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

最新の接触式レーザー前立腺蒸散術:現状と展望

No.5055 (2021年03月13日発行) P.45

田中伸之 (慶應義塾大学泌尿器科)

登録日: 2021-03-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【術中の出血がほとんどないなど利点が多く,日常臨床への導入が期待される】

前立腺肥大症は,50歳以降の男性に多く発症し,肥大した前立腺が尿道を圧迫する。これまで前立腺肥大症は,経尿道的前立腺切除術(TUR-P)やレーザー,バイポーラを用いた経尿道的前立腺核出術(HoLEP,TUEB)が標準手術として行われてきた。一方,接触式レーザー前立腺蒸散術(contact laser vaporization of the prostate:CVP)は前立腺組織に光ファイバーを接触させてレーザー光(波長980nmの高出力ダイオードレーザー)を照射することで,前立腺組織中の水分や血液を蒸発させ,肥大した組織を一瞬で気化・除去する最新の手術方法である1)。CVPはわが国では2016年に保険収載された。

CVPの長所は,術中の出血をほとんど認めない点であり,従来の手術法のように,術前後で抗血栓療法を中止する必要はない。このため,不整脈や脳血管障害などで抗凝固薬や抗血小板薬の休薬が難しい症例でも,安全に手術が行えるようになった2)。また,使用する内視鏡が細いため尿道へのダメージが少なく,術後合併症の軽減が期待できる2)。さらには,手術時間が短く,術後カテーテル留置期間も短いため,短期の入院期間で治療が達成可能である。

CVPは現在,わが国の各地で新規導入が進んでおり,低侵襲な最新のレーザー手術として,今後は日常臨床での一般化が予想される。

【文献】

1)Shaker H, et al:Lasers Med Sci. 2012;27(5): 959-63.

2)Miyazaki H, et al:Low Urin Tract Symptoms. 2018;10(3):242-6.

【解説】

田中伸之 慶應義塾大学泌尿器科

関連記事・論文

関連書籍

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

関連物件情報

page top