株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

アクロコルドン(スキンタッグ,軟性線維腫)[私の治療]

No.4998 (2020年02月08日発行) P.40

登録日: 2020-02-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • アクロコルドンは頸部や腋窩,鼠径などに好発する軟らかい小丘疹~結節である。臨床的に有茎性であることが多く,皮膚の加齢変化と考えられている。

    ▶診断のポイント

    【症状】

    頸部・腋窩に好発する直径2~3mmのものをアクロコルドンないしスキンタッグ,体幹に好発する1cm大の結節を軟性線維腫,数cmほどにもなる有茎性の病変を懸垂性線維腫と区別している。中高年,特に女性や肥満患者に好発し,柱状,袋状,有茎性,扁平隆起性など,様々な形態を呈する。

    【検査所見】

    組織学的には表皮下の膠原線維の増生であり,表皮に過角化,表皮肥厚,乳頭腫様の変化を生じることが多い。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    病変の形態・患者の希望などに応じて剪刀での切離,電気焼却療法,凍結療法,レーザー治療を選択する。凍結療法と電気焼却療法は保険適用であり,レーザー治療は保険適用外となる。

    残り599文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top