株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

神経管閉鎖障害の予防のための葉酸摂取~受診理由の一歩先に~[プライマリ・ケアの理論と実践(47)]

No.4995 (2020年01月18日発行) P.10

園田健人 (University of Pittsburgh Medical Center Shadyside Hospital Family Medicine)

登録日: 2020-01-17

最終更新日: 2020-01-15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

SUMMARY
妊娠可能なすべての女性にとって葉酸を摂取することは神経管閉鎖障害を予防する上で大切である。十分な葉酸摂取は食事からの摂取のみでは困難である。意図せぬ妊娠を常に考慮し,受診理由にかかわらず,日々の外来で葉酸サプリメントの服用を推奨するべきである。

KEYWORD
健康管理
健診に加えて,日々の外来の中で予防可能な疾患のケアにあたることは家庭医の重要な役割の1つである。患者の年齢や性別,慢性疾患に合わせて,スクリーニング検査・ワクチン等を患者と意思決定をしながら行っていくことが大切である。

園田健人(University of Pittsburgh Medical Center Shadyside Hospital Family Medicine)

PROFILE
2014年防衛医科大学校卒業。2016年防衛医科大学校付属病院初期研修修了。2016~2018年手稲家庭医療クリニックでの勤務を経て,2018年7月より現職。HIVの専門研修も同時並行中。

POLICY・座右の銘
“LOST TIME IS NEVER FOUND AGAIN”-BENJAMIN FRANKLIN

1 ケース

CASE 1:26歳女性,咽頭痛のために受診

受診3日前から発熱,咽頭痛,鼻汁を呈している。そのほかには特筆すべき症状はない。同居している夫が同様の症状を先週,患っていたが自然軽快した。最終月経は2週間前。既往歴なし。非喫煙者,機会飲酒,夫と2人暮らし,薬は市販薬も含めて常用薬なし。

バイタルサインは体温36.7°,血圧115/78mmHg,脈拍69bpm,呼吸数16回/分。身体診察上,軟口蓋に軽度の発赤を認めるものの,口蓋垂の偏移や扁桃腺腫脹はなし。呼吸音整,心雑音なし,腹部所見に異常なし,皮疹なし。臨床経過と身体診察所見から急性ウイルス性咽頭炎と診断して対症療法の上,帰宅の方針とした。

CASE 2:31歳女性,子宮頸癌検診のために受診

症状はなし。夫と性交渉を月1回程度,コンドームを使用せず行っている。2年前に子どもを出産していて,その際には妊娠判明まで葉酸サプリメントは服用していなかったが,健康な子どもを出産したとのことであった。子宮頸癌検診に加えて葉酸サプリメントを勧めるが,患者は前回の出産で特に問題がなかったため,サプリメント服用の必要性に疑念を抱いている。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top