株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

高カルシウム血症[私の治療]

No.4994 (2020年01月11日発行) P.38

角田隆俊 (東海大学医学部付属八王子病院腎内分泌代謝内科教授)

登録日: 2020-01-13

最終更新日: 2020-01-08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 高カルシウム(Ca)血症は代謝経路から考えて,以下の4つの原因で引き起こされると考えられる(「低カルシウム血症」の稿を参照)。

    【副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone:PTH)の作用過剰】

    ①原発性副甲状腺機能亢進症(primary hyperparathyroidism):1:2で女性に多く骨型(高回転骨,線維性骨塩),結石型,化学型,にわけられるが,近年は血清Ca測定の頻度が増加することで化学型が増加している
    ②異所性PTH産生腫瘍,副甲状腺癌
    ③悪性腫瘍(humoral hypercalcemia of malignancy):肺癌,乳癌,食道癌,腎癌,褐色細胞腫,子宮癌,成人T細胞白血病などからのPTH-rPの産生(骨吸収とCa再吸収を亢進させる)

    【ビタミンD産生過剰】

    ①ビタミンD過剰摂取:1,25D↑,25D↑
    ②慢性肉芽腫性疾患:1,25D↑,25D↓

    【骨からのCa融解】

    ①悪性腫瘍骨転移
    ②不動,ビタミンA中毒,甲状腺機能亢進症,褐色細胞腫:1,25D↓,25D↓

    【腎でのCa再吸収亢進】

    ①サイアザイド系利尿薬
    ②家族性低Ca尿性高Ca血症(familial hypocalciuric hypercalcemia:FHH)

    ▶診断のポイント

    慢性的に続けば血管石灰化や腎機能低下もきたすため,高Ca血症を認めたら原因を見極める必要がある。

    【症状】

    高Caに特異な症状は少ない。全身症状(倦怠感,易疲労感),精神神経症状(情緒不安定,記銘力低下,抑うつ,傾眠,脱力,思考力低下),消化器症状(食欲不振,嘔気・嘔吐,便秘,消化性潰瘍,急性膵炎),腎尿路系症状〔(尿濃縮力障害:多飲,夜間尿,口渇,脱水),結石,腎石灰化,腎機能低下,尿細管性アシドーシス)〕,などが挙げられる。

    【検査所見】

    血中Ca濃度(補正Ca正常値8.5~10.0mg/dLだがアッセイの正常値を確認):アルブミン(Alb)(g/dL),尿中Ca濃度(正常200mg/dL以下)〔FECa=尿中Ca(mg/dL)×血清Cr(mg/dL)/尿中Cr(mg/dL)×血清補正Ca(mg/dL)(正常値1~2%)〕,イオン化Ca(Ca2+mEq/L),マグネシウム(Mg)(mg/dL),腎機能検査としてBUN(mg/dL),Cr(mg/dL),intactもしくはwhole PTH値(pg/mL),PTH-rP,1,25(OH)2 vitamin D。

    心電図:QT短縮,徐脈。

    頸部エコー:副甲状腺腫大の有無。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    通常,腎機能が正常であれば,高Ca血症は腎臓によって是正される。高齢,脱水,腎機能低下,活性型ビタミンDのサプリメント過剰摂取など,隠れた要因を見逃さないようにする。具体的な治療に加えて原因を精査することが重要である。

    残り1,209文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    関連物件情報

    もっと見る

    page top