株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

全国の一般診療所数の変遷【PickUp 医療データ】(167)

No.4984 (2019年11月02日発行) P.7

登録日: 2019-11-03

最終更新日: 2019-10-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部が選ぶ今週の数字

厚生労働省の「医療施設(動態)調査」によると、2018年10月1日現在における全国の一般診療所総数(休止・1年以上休診中を除く)は10万2105施設(前年比634施設増)だった。内訳は、「無床」が93.2%を占め、9万5171施設(同902施設増)。「有床」は6.8%で、6934施設(同268施設減)だった。有床のうち、「療養病床を有する一般診療所」は847施設(同55施設減)。有床診療所は年々減少する一方、無床は増加の一途をたどっており、総数は増え続けている。
病床の規模を変更した一般診療所は299施設。このうち増床は10施設、減床は289施設だった。減床した診療所では、無床への変更が230施設に上った。



全国の一般診療所総数は

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top