株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

特集:最新の肺癌確定診断の進め方

No.4965 (2019年06月22日発行) P.17

監修: 奥村 栄 (がん研究会有明病院中央手術部部長/前呼吸器センター長・前呼吸器外科部長)

登録日: 2019-06-24

最終更新日: 2019-06-19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

監修:奥村 栄(がん研究会有明病院中央手術部部長/前呼吸器センター長・前呼吸器外科部長)

■監修のことば

肺癌の死亡数は,1998年にがん死亡のトップになって以来,その数は増加している。特に男性においては喫煙の影響から1993年以来第1位を維持し続けている。胸部X線で指摘できる肺癌においては遠隔転移(脳・肺・肝臓・骨・副腎)やリンパ節転移の可能性があるため診断確定と病期診断評価のための諸検査が必要になる。他のがんと同様に肺癌も腫瘍の評価(T因子)・リンパ節転移の評価(N因子)・遠隔転移評価(M因子)の3因子の組み合わせで進行度が細かく分類されている。大きくはⅠ〜Ⅳ期の4段階に区分されており,進行度に従って標準的な治療が肺癌治療ガイドラインで推奨されている。これから,本特集で述べる検査が行われ進行度の病期が決定され,また,患者の全身状態の評価(特に肺機能や心機能の評価が問題)も治療を決定する上で重要な因子となる。この数年に肺癌患者の高齢化が進み、機能評価が治療を決定するうえでより重要な因子となってきている。これらの検査がすべて終了し,内科・外科・放射線科(診断・治療部門)や病理部などの肺癌の診断・治療に携わる医師が集まる症例検討会(Cancer Board:キャンサー・ボード)で治療方針を相談・決定する。また,リスクとして説明すべき点も同時に確認しておく。その検討結果を患者とご家族に,確定診断をふまえた進行度の評価に応じた標準治療の説明(1番手・2番手も)を行い,それに伴うリスクなども含めた十分なインフォームド・コンセントの下に治療を選択してもらうことが重要である。

■目次

1 初診から検査の進め方と病期の決定
松浦陽介(がん研究会有明病院呼吸器センター外科副医長)

2 確定診断のための検査
中尾将之(がん研究会有明病院呼吸器センター外科医長)

3 遠隔転移検索の検査
一瀬淳二(がん研究会有明病院呼吸器センター外科副医長)

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top