株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

脂漏性皮膚炎[私の治療]

No.4955 (2019年04月13日発行) P.45

保科大地 (小樽市立病院皮膚科医長)

登録日: 2019-04-14

最終更新日: 2019-07-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 頭部や顔面に好発する慢性的な皮膚炎で,ありふれた皮膚疾患のひとつである。いわゆる「フケ症」もこの疾患と同一スペクトラム上にあるものと考えてよい。黄白色調の鱗屑を伴う紅斑を呈し,瘙痒を伴うことがある。病態としては,皮脂中のトリグリセリドがMalasseziaなどの皮膚常在菌により分解され,その結果生じた遊離脂肪酸が皮膚炎の発症に関わっていると考えられている1)

    ▶診断のポイント

    頭皮や,顔面の眉毛・鼻周囲などのいわゆる脂漏部位に,瘙痒を伴う鱗屑性紅斑を認め,軽快・再発を繰り返す。乳児型と成人型がある。

    残り1,947文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top