株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

(3‌)超音波ガイド下中心静脈穿刺:ピットフォールと手技の実際[特集:超音波ガイド下中心静脈穿刺:理解と実践のための第一歩]

No.4922 (2018年08月25日発行) P.39

徳嶺譲芳 (杏林大学医学部麻酔科学教室教授)

湯浅晴之 (近畿大学医学部麻酔科学講座准教授)

登録日: 2018-08-27

最終更新日: 2018-08-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超音波ガイド下中心静脈穿刺にはピットフォールがある

超音波ガイド下中心静脈穿刺には,「心理的葛藤や抵抗」が生じる

指導者は,初学者のシミュレーショントレーニングをスーパーバイズしなければならない

1. 超音波ガイド法習得のために

十数年前,初めて超音波で内頸静脈を観察した。太い内頸静脈が皮膚のすぐ下にあった。そのとき,もうこれからは内頸静脈穿刺で失敗することはないと思った。しかし,実際に穿刺してみるとどうだろう。静脈は見えるのに針が見えない,いつの間にか針が静脈に入っていることもあれば,いつの間にか失敗していることも…,便利なのか不便なのかわからない…,超音波ガイド下中心静脈穿刺(超音波ガイド法)はそういうものだと気がついた。

本稿では,超音波ガイド法を習得するための鍵として,超音波ガイド法のピットフォールと原理,そしてシミュレーション・トレーニングという3点に絞って解説を行う。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top