株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

シーン別 神経診察 こんなときに診る・使う 第3版【68本の動画を含む電子版付】

神経診察を、日常診療で使える技にする!

定価:5,940円
(本体5,400円+税)

数量

カートに入れる

立ち読み

著: 塩尻俊明(総合病院国保旭中央病院 総合診療内科部長)
判型: B5判
頁数: 202頁
装丁: カラー
発行日: 2019年12月12日
ISBN: 978-4-7849-5493-3
版数: 第3版
付録: 無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)

シリアル登録の手順

シリアル登録画面へ

電子版を閲覧


■神経診察の好評書が、68本の手技動画でよりわかりやすくパワーアップ!
■「どうぞおかけください」の瞬間から神経診察は始まっている!? “一歩目が出ない”、“手が震える”など、First Impressionのキーワードから神経疾患を見破る“技”をこの1冊で伝授!
■診察室でのシーン別に神経徴候をキーワード化。その神経徴候をきたす疾患を頻度と緊急度に応じてリスト化し、その疾患に特異的な問診と神経診察を豊富なイラストと共にまとめました。
■常連の患者さんに潜む神経疾患の見破り方も解説。「あまり得意じゃない」という先生にも、「もっとbrush upしたい」という先生にもお勧めです。

【内容】
第1章 神経診察のABC
第2章 First Impressionのキーワードから神経疾患を見破る
Scene 1 「どうぞおかけ下さい」
1.歩き方がおかしい/2.反応が悪い/3.話し方がおかしい/4.手が震える
Scene 2 「どうされましたか?」
1.頭が痛い/2.痙攣が起きる/3.物忘れがひどい/4.ものが二重に見える/5.眼が見えにくい/6.顔が痺れる/7.めまいがする/8.手足が痺れる/9.むせる・ものが飲みにくい/10.力が入らない・立てない/番外編 「気を失う=頭部CT」 でいいの?
第3章 常連さんに潜む神経疾患を見破る
第4章 脳梗塞簡単整理

目次

第1章:神経診察のABC
第2章:First Impressionのキーワードから神経疾患を見破る
Scene 1「 どうぞおかけ下さい」
 1 歩き方がおかしい
 2 反応が悪い
 3 話し方がおかしい
 4 手が震える
Scene 2 「どうされましたか?」
 1 頭が痛い
 2 痙攣が起きる
 3 物忘れがひどい
 4 ものが二重に見える
 5 眼が見えにくい
 6 顔が痺れる
 7 めまいがする
 8 手足が痺れる
 9 むせる・ものが飲みにくい
 10 力が入らない・立てない
 番外編「 気を失う=頭部CT」 でいいの?
第3章:常連さんに潜む神経疾患を見破る
第4章:脳梗塞簡単整理

もっと見る

閉じる

序文

30年前,私の研修医時代における神経診察の習得は,教授や部長が所見をとる姿を見て学ぶしかなかったように思います。教授がベッドサイドで患者さんの診察をする様子を食い入るように見ていたように思います。一度見ただけでは要領は得ず,後から書籍を読むわけですが,当時はイラストより文章での解説が多く,今ひとつイメージがわかず苦労した記憶があります。
本書も,第一線で活躍されるプライマリケア医の皆さんのお役に立てるようにと出版されてから5年が経ちました。第1版から,診察に少しでも参考にして頂けるよう,文章に加えてイラストを多く取り入れてきたつもりですが,神経診察は「動き」が多く含まれる身体診察です。今回の第3版では,この「動き」を直接皆さんに伝えるべく,付属の電子版でイラストや文章など本書の全内容に加えて動画を収載しており,診察手技のポイントをよりわかりやすく解説しています(電子版の詳細は巻末参照)。
今回の改訂で,最前線で活躍されているプライマリケア医や若手医師の皆さんに,より一層お役立て頂けることを期待して,本書の序文と致します。

2019年11月
塩尻俊明

もっと見る

閉じる

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top