株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

肥満症(小児)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-29
井ノ口美香子 (慶應義塾大学保健管理センター准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    肥満症(obesity)の概念は,小児においても成人同様,"肥満に起因ないし関連する健康障害を合併するか,その合併が予測される場合で,医学的に減量を必要とする病態,疾患単位として扱う"である。

    わが国では,2000年に小児肥満症の診断基準1)が策定され,2014年に一部改訂され,小児肥満症ガイドライン2014〈概要〉2)として報告された。肥満に起因する健康障害として非アルコール性脂肪性肝疾患,および早期動脈硬化が加えられたほか,治療に関する内容が追加されている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    肥満症の前提となる肥満は,のように判定する2)。小児肥満症の診断基準に示される主要な症状項目としては,高血圧,睡眠時無呼吸などの肺換気障害,および黒色表皮症がある。参考項目としては,皮膚線条,股ずれなどの皮膚所見,肥満に起因する骨折・関節障害,月経異常,体育の授業などに著しく障害となる走行・跳躍能力の低下,および肥満に起因する不登校・いじめがある1)2)

    22_49_肥満症(小児)

    【検査所見】

    小児肥満症の診断基準に示される検査所見項目としては,耐糖能障害(空腹時血糖高値・HbA1c高値,高インスリン血症),脂質異常症(高LDLコレステロール血症,高TG血症,低HDLコレステロール血症),高尿酸血症,肝機能障害(ALT高値),および超音波検査による脂肪肝の所見などがある1)2)

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top