株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

子宮脱

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-07
古山将康 (大阪市立大学大学院医学研究科女性生涯医学講座教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    女性の子宮が腟ヘルニアを起こして脱出する疾病をいう。子宮のみならず骨盤底臓器(膀胱,直腸,ダグラス窩)が外腟口から脱出する場合も骨盤臓器脱に含まれる。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    腟口(外陰部)に膨隆する腫瘤様の腟壁,もしくは子宮頸部を触知することが多い(図1)。子宮頸部にはびらん(偽性びらん)があり,下垂に伴って擦れて出血することがある。

    分類を図2に示す1)

    20_20_子宮脱(骨盤臓器脱)

    20_20_子宮脱(骨盤臓器脱)

    前腟壁が弛緩すると膀胱,尿道が下垂し,切迫性尿失禁,腹圧性尿失禁,頻尿,排尿困難が出現する。

    後腟壁が下垂すると直腸瘤となり便秘,排便困難を伴う。

    【検査所見】

    診断は理学的所見で行う。経会陰超音波検査,MRIの画像診断が参考になる。

    膀胱の下垂は下部尿路造影,直腸の下垂には下部消化管造影が参考になる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top