株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

子宮頸管ポリープ

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-25
髙松 潔 (東京歯科大学市川総合病院産婦人科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    子宮頸管ポリープとは,子宮頸管部において,線維血管性の芯(fibrovascular core)を良性子宮頸管上皮が覆ったものが外向性発育したものをいう1)。発生原因は不明であるが,慢性炎症や性ホルモンが関与しているという意見がある。

    子宮頸部に発生する腫瘍としては最も一般的であり2),全女性の約2~5%3),あらゆる年代に発生する。ただし初経前では稀であり,分娩経験のある若い女性や40歳以降に多いと言われる。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    月経時以外の出血,過多月経,性交後出血,閉経後出血などのいわゆる不正性器出血や帯下の増加などの症状を呈するが,症状を認めないことも少なくない。検診やほかの婦人科疾患に対する内診時における腟鏡診(クスコ診)にてたまたま発見されることも多い。

    【検査所見】

    通常は3~5mm程度の大きさであり,ほとんどは1cm未満で単発である。

    肉眼的に確認できるため診断は容易である。つまり,クスコ診にて以下を認める:赤味がかったピンク色で平滑あるいは分葉状,球形かやや楕円形の指状あるいは棍棒状の腫瘍が子宮頸管内から外子宮口に突出している。感染・壊死などにより,白色化している場合もある。

    ただし,2)に示すように他の病変でもポリープ様に見える場合があるため注意が必要である。

    20_21_子宮頸管ポリープ

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top