株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

子宮腺筋症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-25
村上 節 (滋賀医科大学産科学婦人科学講座教授)
木村文則 (滋賀医科大学産科学婦人科学講座准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    子宮筋層内に限局性あるいはびまん性に子宮内膜組織が存在し,子宮が肥大する病態をいう。

    30歳代後半から更年期に好発し,閉経に至るまで主として月経にまつわる症状を呈する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    月経痛と過多月経が二大症状である。性交痛や不妊症・不育症の原因にもなりうる。

    【検査所見】

    超音波検査やMRIなどの画像診断で境界不明瞭な腫瘤により肥大する子宮を認める。

    血液検査では鉄欠乏性貧血を呈したり,CA125が高値を示すことが多い。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top