株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

卵巣嚢腫

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-12
坂本尚徳 (獨協医科大学産科婦人科学教室准教授)
深澤一雄 (獨協医科大学産科婦人科学教室主任教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    卵巣に生じる嚢胞性病変には,腫瘍性病変としての漿液性・粘液性腫瘍や奇形腫である類皮嚢胞腫などのいわゆる卵巣腫瘍のほかに,非腫瘍性病変として機能性嚢胞に分類される卵巣嚢胞,出血性黄体嚢胞,さらに類腫瘍性病変として子宮内膜症性嚢胞などの様々な病変が存在する。

    そのほか,卵巣以外の骨盤内に嚢胞を形成する疾患との鑑別が必要である()。

    20_10_卵巣嚢腫

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    一般に無症状である。

    巨大なものでも,軽度の圧迫症状程度のみの場合もある。

    一般検診など,婦人科以外の診療科で偶然指摘される場合も多い。

    捻転,破裂を生じた場合,悪心,嘔吐,圧痛,筋性防御など腹膜刺激症状を呈し,婦人科救急疾患として緊急手術の対象となる。

    【検査所見】

    卵巣腫瘍,卵巣過剰刺激症候群,子宮筋腫(液状変性の漿膜下筋腫),骨盤内炎症性疾患(卵巣卵管膿瘍,ダグラス窩膿瘍),子宮内膜症(子宮内膜症性嚢胞)などは,別項を参照。

    症状の有無にかかわらず,既に何らかの画像診断で骨盤内に嚢胞性病変が指摘され診断される。

    経腟超音波での良悪性の鑑別は90%程度の正診率があり,費用対効果に優れ,低侵襲である。

    年齢(閉経前か閉経後か),大きさ,片側か両側か,単房か多房か,隔壁,嚢胞部分,充実部分,ダグラス窩流動性液体の有無などで大部分は鑑別可能である。

    悪性を疑う場合は,MRIや腫瘍マーカーが補助診断として有用である。

    捻転,破裂,出血,膿瘍などで急性腹症を呈する場合は,血算,生化,凝固線溶系などで貧血,炎症,凝固異常の程度を判断し,緊急手術に備える。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top