株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

月経困難症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
泉 玄太郎 (東京大学医学部附属病院女性診療科・産科)
甲賀かをり (東京大学大学院医学系研究科生殖・発達・加齢医学専攻産婦人科学講座周産期医学准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    月経困難症は月経に随伴して起こる下腹部痛や腰痛などの疼痛症状をはじめ,嘔気,頭痛などの病的症状をいう。

    器質的疾患を伴わない機能性月経困難症と,子宮内膜症や子宮筋腫などの器質的疾患に伴って起こる器質性月経困難症に分けられる。

    月経困難症で鎮痛薬を必要とするのは有月経年齢の女性の32%にのぼるという調査結果もある。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    月経時の下腹部痛,腰痛が主症状である。月経の周期によっては症状の強弱があることもあるが,一般的には各月経周期で同じ症状を訴えることが多い。月経の開始前から疼痛症状が起こる場合もある。また,嘔気,嘔吐,下痢などの症状を伴うこともある。

    【検査所見】

    月経に伴って疼痛があることで,問診から診断可能である。

    超音波やCTの画像診断上は,少量の腹水を伴うことが多い。

    採血上は炎症反応の上昇や,CA125やCA19-9の上昇を伴うことが多いが,非特異的である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top