株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

肩鎖関節脱臼

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-24
高瀬勝己 (東京医科大学運動機能再建外科学茨城寄付講座教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    肩鎖関節脱臼を含む肩鎖関節損傷は,肩関節外側,特に肩峰外側部を強打する介達外力により発生することが多い。スポーツ外傷に多いが,歩行中での転倒や交通事故でも発症しやすい。

    肩鎖関節を安定化させている静的安定化機構(肩鎖靱帯,烏口鎖骨靱帯:菱形靱帯・円錐靱帯)と動的安定化機構(僧帽筋,三角筋)の損傷程度により,肩鎖関節の障害状況および治療方法は異なる。鎖骨と肩峰の間での接触が完全に途絶えた肩鎖関節脱臼は,静的安定化機構を構成する3つの靱帯がすべて断裂した状態で発生する。これに動的安定化機構の鎖骨からの剥離が加わることにより脱臼程度がさらに高度となる。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    〈肩関節部痛(運動時・安静時)〉

    初期は疼痛のため,肩関節自動運動は困難となる。

    鎖骨外側端の肩峰に対する上方偏位(鎖骨外側端の上方突出)。

    肩鎖関節部の腫脹および圧痛。

    piano key症状(突出した鎖骨外側端の下方圧迫にて整復可能。ただし圧迫除去にて容易に再転位をきたす)。

    【検査所見】

    単純X線検査(正面および軸位像):坐位あるいは立位で撮影(臥位での撮影は上肢重量による負荷が軽減されるため正確な評価ができない)。

    〈正面像〉

    肩鎖関節損傷程度を評価する。

    ・肩鎖関節脱臼:鎖骨下縁が肩峰上縁より上方に偏位した場合,烏口突起─鎖骨間距離が健側比で125%以上に拡大した場合

    ・肩鎖関節亜脱臼:鎖骨下縁が肩峰下縁より上方に偏位し,肩峰上縁より下位に位置した場合

    〈軸位像〉

    肩鎖関節の後方脱臼を検討する。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top