株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

膝半月板損傷

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-20
黒田良祐 (神戸大学大学院医学研究科整形外科学教授)
星野祐一 (神戸海星病院スポーツ整形外科部長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    膝半月板は膝関節において大腿骨と脛骨の間を埋めるように内側・外側に存在する三日月状の線維性軟骨組織である。膝関節における衝撃吸収のみならず,スムースな関節の動き,安定性に重要な役割を果たしている。

    その損傷は膝関節の腫脹,疼痛,可動域の制限を引き起こし,長期的には関節軟骨の損傷・変性をきたし,変形性関節症に至ることもある。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    膝関節の腫脹,関節水腫,疼痛。

    痛み,腫れによる跛行。

    膝関節の可動域の制限。

    軽度の損傷では安静時には症状が消失し,運動時に症状が出現する。

    【検査所見】

    徒手検査:Apleyテスト,McMurrayテストなどがある。内側半月板損傷では内側関節裂隙に,外側半月板損傷では外側関節裂隙に圧痛を認めることが多い。

    画像診断:X線検査で損傷は確認できないが,陳旧例では損傷している側の関節裂隙狭小化を認めることが多い。MRI検査は非常に有用で,損傷部位や損傷形態が把握できる。その診断率は内側半月板損傷が外側半月板よりやや高い。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top