株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

距骨骨軟骨損傷

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-20
宮本 亘 (帝京大学スポーツ医科学センター準教授)
高尾昌人 (重城病院CARIFAS(足の外科センター)センター長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    距骨骨軟骨損傷は,距骨滑車の軟骨および軟骨下骨がその深層の健常骨組織から部分的もしくは完全に剥離するものであり,足関節捻挫の際に距骨滑車が腓骨,もしくは脛骨と衝突することにより発症する。

    最近の画像診断技術の発達により,足関節捻挫後2カ月以上疼痛が持続する患者の約40%に距骨骨軟骨損傷が合併していることが明らかになっている1)

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    足関節の腫脹と疼痛(特に運動において誘発される)。

    【検査所見】

    単純X線:関節内遊離体や軟骨下骨の透亮像が確認できることがあるが,単純X線像のみでは診断できない症例が多い。

    CT:軟骨の評価はできないが,軟骨下骨病変(特に嚢腫形成例)の大きさや形状の把握に有用である。

    MRI:軟骨の評価が可能であり,単純X線像やCT像では描出困難な病変の診断に有用である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top