株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

股関節インピンジメント(大腿骨寛骨臼インピンジメント)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-07
谷口直史 (山梨大学大学院医学工学総合研究部整形外科学)
神野哲也 (東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科リハビリテーション医学分野準教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    大腿骨寛骨臼インピンジメント(femoroacetabular impingement:FAI)は近年,世界的に認知された新しい概念である。大腿骨や寛骨臼に骨形態異常があり,インピンジ(衝突)することにより股関節痛を誘発する。

    変形性股関節症の一因とされ,スポーツ損傷としても注目されている。世界的にコンセンサスを得た診断基準はない。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    股関節痛,股関節可動域制限(特に内旋制限)。

    【検査所見】

    ①寛骨臼に骨形態異常があるpincer type FAIと,②大腿骨に骨形態異常があるcam type FAIがある(1)

    15_11_股関節のインピンジメント(大腿骨寛骨臼…)

    〈日本股関節学会FAI(狭義*1)診断指針2)

    *1:明らかな股関節疾患に続発する骨形態異常を除いた大腿骨─寛骨臼間のインピンジメント。

    pincer typeのインピンジメントを示唆する所見:

    ①CE角*2 40°以上

    ②CE角*2 30°以上かつacetabular roof obliquity(ARO)0°以下

    ③CE角*2 25°以上かつcross-over sign*3陽性

    正確なX線正面像による評価を要する。特にcross-over sign*3は偽陽性が生じやすいことから,③の場合においてはCT,MRIで寛骨臼のretroversion*4の存在を確認することを推奨する。

    *2:単純X線両股関節正面像において,骨頭中心と寛骨臼硬化帯外側を結ぶ線と骨盤水平線に対する垂線のなす角。

    *3:単純X線股関節正面像において,寛骨臼前壁縁と後壁縁が交差する所見であり,寛骨臼のretroversionを示唆する。

    *4:後方開き。正常寛骨臼は前方開きである。

    cam typeのインピンジメントを示唆する所見:

    ①CE角25°以上

    ②主項目:α角*5(55°以上)

    ③副項目:head-neck offset ratio*6(0.14未満),pistol grip変形*7,herniation pit*8

     (主項目を含む2項目以上の所見を要する)

    X線,CT,MRIのいずれによる評価も可。

    *5:単純X線大腿骨頸部側面像において,骨頭中心と頸部最狭部中心を結ぶ線と,前方の骨頭頸部移行部の曲率変化点と骨頭中心を結ぶ線とのなす角。

    *6:大腿骨頸部側面像において,頸部軸に平行な骨頭前縁を通る接線と頸部最狭部前縁を通る接線との距離(OS)の骨頭径(D)に対する比率(OS/D)。

    *7:単純X線両股関節正面像において,骨頭頸部移行部の外側縁が平坦化し,骨頭と頸部間のoffsetが減少する変形。

    *8:単純X線両股関節正面像あるいは頸部側面像において,骨頭頸部移行部から頸部前外側に生じる小卵円形で硬化像に囲まれた骨透亮像(CTやMRIによる評価も可)。

    以下の画像所見を満たし,臨床症状(股関節痛)を有する症例を臨床的にFAIと判断する。

    ①前方インピンジメントテスト陽性(股関節屈曲・内旋位での疼痛誘発を評価)

    ②股関節屈曲内旋角度の低下(股関節90°屈曲位にて内旋角度の健側との差を比較)

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top