株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

脂肪腫

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
高橋和宏 (岩手医科大学医学部皮膚科学講座准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    皮下の可動性のよい腫瘤。単発例が多いが,多発することもある。

    良性の間葉系腫瘍であり,緩徐に拡大する。

    血管脂肪腫は疼痛を伴う。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    頸部,躯幹,上腕大腿などに好発する。脂肪組織から発症するので可動性のよい皮下結節で,隆起がなければ外観は健常皮膚である(図12)。通常自覚症状はないが,血管脂肪腫は圧痛を伴う。

    14_69_脂肪腫

    14_69_脂肪腫

    【検査所見】

    MRI画像では,T1強調画像で高信号(黒),T2強調画像で高信号(白)に描出され,脂肪抑制画像で低信号を示す。

    CT画像では正常の皮下脂肪と同様に描出される。

    病理組織検査では,腫瘍の周囲には健常の脂肪組織が存在することより,確実に腫瘍を採取することが肝心である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top