株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

粘液嚢腫・ガングリオン

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
三石 剛 (東京女子医科大学附属八千代医療センター皮膚科准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    粘液嚢腫とガングリオンは手足に多くみられる軟部腫瘍である。

    粘液嚢腫は口腔粘膜部にも生じる。指趾の粘液嚢腫は病理組織学的にmyxomatous typeとganglion typeに分類される。

    myxomatous type:線維芽細胞によるヒアルロン酸の過剰産生が誘因とされる。関節包との連絡はなく真皮に限局している。

    ganglion type:骨棘の刺激により生じた関節膜のヘルニアによる。DIP関節部に生じた場合,粘液嚢腫とガングリオンの鑑別が問題となる。

    口腔粘膜発生例は粘液嚢腫に限定される。口底部は舌下腺,顎下腺に由来し,口唇部に生じた粘液嚢腫は小唾液腺につながる唾液腺管からのシアロムチンの貯留が誘因とされる。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    〈粘液嚢腫〉1)

    口腔粘膜,指趾の爪周囲やDIP関節部に生じやすい。指趾の粘液嚢腫は大きさ5mm前後でドーム状に隆起し,淡紅色や正常皮膚色を呈した単発性で弾性軟の嚢腫様結節である。

    口唇の粘液嚢腫は色調は紅色から青色を呈し,大きさ2~20mm程度のドーム状に隆起した粘膜下腫瘤である。無痛性であり,内容物にゼリー状の粘液を認める。

    〈ガングリオン〉2)

    手足に発症する軟部腫瘍のうち,50~70%と高い頻度を占める。

    手関節背側,橈骨手根屈筋腱橈側,MP関節掌側などで,関節包,腱鞘や靭帯などから生じる。

    表面平滑で正常皮膚色のドーム状に隆起した可動性のある円形の腫瘤として認められる。大きさは手指では5mm程度であり,手関節は1~2cmのものが多い。

    【検査所見】

    穿刺によりゼリー状の内容物の排出を見る。超音波で嚢腫は均一に描写され,MRI画像診断ではT1強調像で低信号,T2強調像で高信号の均一な嚢腫様病変を確認することは有用である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top