株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

先端巨大症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-16
島津 章 (京都医療センター臨床研究センター長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    成長ホルモン(growth hormone:GH)の持続的な過剰分泌により,四肢末端の肥大,特異な顔貌,糖代謝異常などを主徴候とする疾患である。

    先端巨大症(acromegaly)の大部分はGH産生下垂体腺腫により引き起こされ,GHおよびインスリン様成長因子-1(insulin-like growth factors-1:IGF-1)が高値となる。

    合併症として,糖尿病,高血圧症,脂質異常症,甲状腺腫や大腸ポリープ,悪性腫瘍(特に大腸癌)などを伴いやすい。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    主症候として,手足の容積の増大,先端巨大症様顔貌(眉弓部の膨隆,鼻・口唇の肥大,下顎の突出など),巨大舌がみられる。

    副症候として,発汗過多,頭痛,視野障害,女性における月経異常,睡眠時無呼吸症候群,耐糖能異常,高血圧症,咬合不全などがある。

    【検査所見】

    血中GH値が高く,ブドウ糖75g経口投与で正常域(0.4ng/mL未満)まで抑制されない。

    血中IGF-1濃度が年齢・性別基準範囲より高値を示す。

    MRIまたはCTで下垂体腺腫の所見を認める。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top