株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

大腸ポリープ

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-26
田中信治 (広島大学大学院医歯薬保健学研究科内視鏡医学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    大腸ポリープ(colorectal polyp)とは大腸内の管腔内に突出した隆起性病変の総称で,種々の肉眼形態や組織像を呈する病変を含む。そのため,鑑別診断が重要である。

    診断の際は,上皮性か非上皮性かを鑑別することが基本となる(1)

    大腸の単発性ポリープの分類をに示した1)~3)

    05_46_大腸ポリープ

    05_46_大腸ポリープ

    上皮性腫瘍では腺腫,癌,カルチノイド,非上皮性腫瘍では脂肪腫,リンパ管腫などが多い。

    過形成性ポリープ,過誤腫(若年性ポリープ,Peutz-Jeghers型ポリープなど),炎症性ポリープは非腫瘍性(上皮性)ポリープに分類される。

    近年,鋸歯状病変のひとつとしてsessile serrated adenoma/polyp(SSA/P)が注目され,腺腫と同様に前癌病変と考えられている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    大腸ポリープの多くは無症状であるが,大きくなると血便・腸重積による腹痛を伴うこともある。

    【検査所見】

    内視鏡検査で発見されるポリープの約95%は腺腫で,その一部が癌化する。

    上皮性腫瘍の診断には,拡大内視鏡観察による画像強調観察(image-enhanced endoscopy:NBIやBLIなど)や色素を用いたpit pattern診断が有用である。

    非上皮性隆起性病変(粘膜下腫瘍)との鑑別には,色素散布や拡大内視鏡観察によるpit patternによる鑑別と超音波内視鏡検査による質的診断が有用である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top