株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

膿胸

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
藤原大樹 (千葉大学大学院医学研究院呼吸器病態外科学)
吉野一郎 (千葉大学大学院医学研究院呼吸器病態外科学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    膿胸とは胸腔内に膿性液が貯留した状態をいう。特に発症から3カ月以内のものを急性膿胸,それ以降のものを慢性膿胸とする。

    急性膿胸は,肺炎罹患時の菌の胸腔内穿破により起こることが多い。成人では高齢者,糖尿病患者,ステロイド長期使用等基礎疾患を有する者に多い。

    慢性膿胸は,急性膿胸や結核性胸膜炎から移行するものが多い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    急性膿胸:悪寒戦慄を伴った高熱,呼吸困難,胸痛,意識障害を呈し,時にショック症状を呈する。

    慢性膿胸:微熱,全身倦怠,食欲不振,体重減少等の慢性炎症によるものと,肺の圧迫による呼吸障害が主である。結核性膿胸の際は無症状で経過することもある。

    【検査所見】

    血液検査所見での炎症高値(白血球数の増加,CRPの上昇)。胸部X線,CTでの胸水貯留。

    胸水培養からの起炎菌検出(時に起炎菌が検出されないこともある)。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top