株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

(15)急に元気がなくなった83歳女性[特集:備えておくべき重篤疾患の診かた─見落としを防ぐには]

No.4718 (2014年09月27日発行) P.79

編集: 本村和久 (沖縄県立中部病院プライマリケア・総合内科副部長)

木村琢磨 (北里大学医学部総合診療医学・地域総合医療学准教授)

登録日: 2016-09-01

最終更新日: 2017-04-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • next
  • 1. 初期症状

    83歳女性。高血圧・糖尿病・認知症で診療所の外来へ通院中。本日,通っているデイサービスで急に元気がなくなり,デイサービスの担当者から医療機関の受診を勧められ,家族と来院した。

    2. 考えられる疾患

    「急に元気がなくなった高齢者」を診療する際は,「高齢者に急性経過で発症する頻度が多い病態」や,「高齢者に急性経過で発症し,生命・機能予後の観点から優先して確定・除外診断を行うべき病態」にわけて鑑別診断を考えるのが実際的である(表1)。
    考えられる疾患として,①急性感染症,②脳血管障害,③脱水,熱中症,が挙げられる。

    (1)急性感染症

    これには,肺炎・尿路感染症・胆道感染症(急性胆嚢炎)・皮膚感染症(蜂窩織炎など)と,これらに伴う敗血症が含まれる。いずれの病態においても,「軽い意識障害」「急性の食欲低下(経口摂取不良)」「平熱より上昇した状態」などを基盤に「急に元気がなくなった高齢者」として発症しうる。食欲低下の原因は多岐にわたるが,急性の経過では感染症が最も多いことや1),発熱に乏しい感染症,とりわけ敗血症や菌血症も念頭に置く。

    (2)脳血管障害

    特に脳梗塞では,「軽い意識障害」や嚥下障害により食事が摂れない状態である「急性の食欲低下(経口摂取不良)」が前景に立ち,「急に元気がなくなった高齢者」として受診する場合がある。

    (3)脱水,熱中症

    高齢者においては予備能の低いことがあり,何らかの原因で「急性の軽い意識障害」「急性の食欲低下(経口摂取不良)」「平熱より上昇した状態」が生じて脱水となったり,熱中症が原因で上記が生じて,「急に元気がなくなった高齢者」として受診することがある。

    (4)基礎疾患に関連した病態

    基礎疾患の増悪のほか,たとえば糖尿病治療中の患者における低血糖など,基礎疾患に関連した病態により「急に元気がなくなった高齢者」として来院している可能性を念頭に置くべきである。

    残り2,937文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連物件情報

    page top