株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

潰瘍性大腸炎に対する TNF-α阻害薬の使用法

No.4726 (2014年11月22日発行) P.58

金井隆典 (慶應義塾大学医学部内科学(消化器)教授)

登録日: 2014-11-22

最終更新日: 2016-10-18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Q】

2013年6月以降,潰瘍性大腸炎に2剤の生物学的製剤(インフリキシマブ,アダリムマブ)が使用可能になりましたが,これらはどのように使いわけるべきでしょうか。また,免疫調節薬の有無は,使いわけに影響しますか。慶應義塾大学・金井隆典先生のご回答をお願いします。
【質問者】
坂田 優:三沢市立三沢病院院長

【A】

潰瘍性大腸炎におけるインフリキシマブとアダリムマブの効果の優劣は明らかにされていません。そのためには,head-to-headといった,両者を直接比較する臨床試験を実施する必要がありますが,様々な要因で実施されていません。
静脈注射のインフリキシマブ(レミケード)と皮下注射のアダリムマブ(ヒュミラ)の両方の偽薬(プラセボ)を作成し,二重盲検試験を実施するには膨大な費用が必要で,医師主導で行うことはほぼ不可能です。また,企業主導で行うとすれば,一方の企業が他社の実薬の費用を負担して行うわけですから,なかなか簡単ではありません。現状では,静脈注射と皮下注射の明白な違いによって,患者さんが選択しているのが実情です。
潰瘍性大腸炎で抗腫瘍壊死因子α(tumor necrosis factor-α:TNF-α)抗体製剤を用いるのは,主に,ステロイド抵抗性かステロイド依存性の患者さんです。入院,外来のどちらで投与するのかといったことも選択に影響するかもしれません。また,免疫調節薬使用の有無が,両者の使いわけを左右するというデータはこれまでにはありません。インフリキシマブまたはアダリムマブを使用する前に免疫調節薬を使用している場合,通常免疫調節薬は継続します。一方,使用していない場合には,抗TNF-α抗体製剤と免疫調節薬との併用は抗TNF-α抗体製剤単独に比べて有効性が高まるという報告があります。現状では,併用による副作用などを考慮して,医師の裁量と患者さんの希望をもとに選択しています。
潰瘍性大腸炎における抗TNF-α抗体製剤の使用法に関してはまだまだ解決されていない点があり,今後の臨床研究を正確にフォローする必要があります。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top