株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

胸膜炎[私の治療]

No.5118 (2022年05月28日発行) P.42

関 雅文 (埼玉医科大学医学部国際医療センター感染症科・感染制御科教授)

登録日: 2022-05-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 肺の表面を覆う胸膜に炎症が生じた状態を指す。滲出液が肺内から胸膜を通り抜けて胸腔内へ移動し,胸水が生じるために胸痛や呼吸困難などの症状が現れる。原因としては感染症や悪性腫瘍が多い。肺炎随伴性胸水のほか,わが国ではがん性胸膜炎と結核性胸膜炎が多く,全体の60~70%を占める1)。ほかに全身性エリテマトーデス(SLE)など膠原病に伴う胸膜炎も知られている。

    ▶診断のポイント

    一般に感染症の場合は胸痛を伴う発熱,悪性腫瘍の場合は呼吸困難が主な症状となり,診断の一助となる。胸水穿刺や胸膜生検による検体採取によって,微生物学的検査や病理学的検査が行われることで原因を含む確定診断につながる。胸水では色調のほか,Lightの基準による漏出性・滲出性の鑑別2),ADAの上昇(結核性),細胞診や組織診における異形細胞(がん性)や好酸球(気胸関連や寄生虫性)の検出は診断の決め手となりうる。培養検査での一般細菌や抗酸菌検出も同様である。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    治療はできるだけ早期に原因を同定し,適切な薬剤(抗菌薬や抗結核薬,抗癌剤)を投与することとドレナージを施行することがポイントとなる。すなわち,治療の中心は原因に対する治療であり,感染症の場合は原因病原体に有効な抗菌薬を,悪性腫瘍の場合は有効な抗癌剤を投与する。胸水量が多い場合は胸水穿刺を併用し,がん性胸膜炎の場合はさらに胸膜癒着術を行う。膠原病関連であれば,ステロイドなど免疫調節薬の投与が必要となる。

    細菌性・肺炎随伴性胸膜炎ではβ-ラクタマーゼ阻害薬を配合したペニシリン系薬が基本となり,重症の場合はカルバペネム系薬などを用いる。組織移行性がよく,嫌気性菌をカバーするレスピラトリーキノロン(結核の否定が必要)やβ-ラクタム系薬にメトロニダゾール併用も有効である。

    残り630文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科(泌尿器科)・消化器外科 各1名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。
    現在、指定管理者制度により医療法人社団 苑田会様へ病院の管理運営を行っていただいております。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    6階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
    2022年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
    又、地域から強い要望がありました透析業務を2020年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科)医の先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

    ●人口(島原半島二次医療圏の雲仙市、南島原市、島原市):126,764人(令和2年国勢調査)
    今後はさらに、少子高齢化に対応した訪問看護、訪問介護、訪問診療体制が求められています。又、地域の特色を生かした温泉療法(古くから湯治場として有名で、泉質は塩泉で温泉熱量は日本一)を取り入れてリハビリ療法を充実させた病院を構築していきたいと考えています。

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top