株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

食道良性腫瘍[私の治療]

No.5095 (2021年12月18日発行) P.39

松田 諭 (慶應義塾大学医学部一般・消化器外科)

北川雄光 (慶應義塾大学医学部一般・消化器外科教授)

登録日: 2021-12-17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 食道良性腫瘍は,上皮性と非上皮性にわけられる。良性であるがゆえに,いずれも治療介入が検討されることは少ないが,一部悪性腫瘍との鑑別に注意を要する疾患が含まれる。また,非悪性腫瘍であっても,食道粘膜下腫瘍などにおいて,食道内腔を占拠することにより狭窄症状や疼痛を伴う場合には治療適応となる。一方で,食道に局在する腫瘍の切除は,一定の侵襲を伴うこととなるため,その適応決定は慎重に行う必要がある。

    ▶診断のポイント

    食道良性腫瘍は,上皮性,非上皮性いずれにおいても症状を伴うことは少なく,多くは上部消化管内視鏡検査で発見されることが多い。

    食道良性腫瘍のうち,上皮性としては食道乳頭腫の頻度が高く,頻度は低いものの過形成ポリープや炎症性ポリープなどが含まれる。一方で非上皮性腫瘍の鑑別疾患は多く,粘膜下腫瘍〔神経鞘腫,平滑筋腫,脂肪腫,gastrointestinal stromal tumor(GIST)など〕のほか,顆粒細胞腫,毛細血管性血管腫,リンパ管腫などが挙げられる。また,上皮性悪性腫瘍である,低分化型食道癌,類基底細胞癌,神経内分泌癌が,粘膜下腫瘍様の形態を呈することがあるため,注意が必要である。

    その診断には,上部消化管内視鏡検査が用いられるほか,CTやpositron emission tomography(PET)検査などにより壁外成分の大きさや,悪性腫瘍の可能性について評価をする必要がある。非上皮性腫瘍の中でも,比較的表層に位置する腫瘍には,顆粒細胞腫,毛細血管性血管腫,リンパ管腫,脂肪腫などが含まれ,一部は生検での確定診断が可能である。一方で,固有筋層を主体とする平滑筋腫,神経鞘腫,GISTに関しては,通常の上部消化管内視鏡検査による確定診断は困難である。粘膜下腫瘍の内訳として,食道では平滑筋腫が大部分を占め,悪性腫瘍であるGISTの頻度は低い。しかし,原則として食道切除を要するGISTの場合,その治療侵襲は高いことから,疑われた場合には,超音波内視鏡下穿刺吸引生検を検討することが望ましい。鑑別すべき悪性腫瘍としては,固形がんのリンパ節転移による壁外性圧排や縦隔腫瘍などが挙げられる。

    残り470文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    もっと見る

    page top