株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

【識者の眼】「ワクチン忌避者にはわかりやすい説明を!」早川 智

No.5061 (2021年04月24日発行) P.57

早川 智 (日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授)

登録日: 2021-04-15

最終更新日: 2021-04-16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西洋の諺に「地獄への道は善意で舗装されている」というものがある。出典は古代ローマの詩人ヴェルギリウスとも中世の高僧聖ベルナルドともいう。今回の新型コロナウイルスパンデミックの特徴の一つは、疾患の成り立ちや予防、治療に関わるインフォデミック(不確かな情報が大量に拡散されてしまう現象)である。流石に、新型コロナはもともと存在しないとか、中国の生物兵器であるとか、PCRを発明した人は診断に使えないと言って暗殺されたといったヨタ話を信じる人は少ないが、ワクチンに致命的な副作用があるとか、日本人の多くは過去の感冒との交差免疫があるから大丈夫といった話を一部の医師や自称医学研究者で唱える人がいる。何かを売りつけようとする人や売名に使おうとする人は直ぐにわかるが、困るのは本当にそう信じている善意の人々である。

今回のパンデミックについては、わが国では厚労省、国立感染研、日本医学会をはじめとする多くの学会が、海外ではCDCやWHOが質の高い情報を発信しているが、これを信用せず、SNSで拡散するデマを信用する人が多い。欧米では、こういった人々の社会学的解析が進んでいる。米国の調査では新型コロナウイルス感染症の存在を否定する人々は、かつてのAIDS否定論者、抗レトロウイルス薬忌避者同様に人種的マイノリティが多く、教育の機会がなく、経済的にも恵まれないため、迫害されてきたという意識を持っていることが多いという1)。英国の複数の調査でも、ワクチン拒否者は低学歴、低収入に加えて科学者、医療専門家、国家に対する信頼度が低く、認知能力と利他意識が低いとされている2)。いずれも単なる陰謀論者と片付けず、わかりやすい説明で政府や医療機関に対する信用を持ってもらうことが重要であると結論付けている。

なぜ、こういった人々がフェイクニュース(デマ)を信じてしまうかというと、EQ(感情的知性)が高く、高学歴の人間はフェイクニュースに含まれる感情的な内容を無視するのに対し、思い込みが強い人は、記事の内容が自分の既存の信念に合っている場合簡単に引っかかってしまうからだという3)。医療関係者の中でも医師に比べて看護師はフェイクニュースを信じやすいという統計から、イスラエルでは看護師を一般人の代表としてわかりやすい説明を準備し、全国民予防接種への道を開いた4)。今後、我が国でも予防接種普及にあたり他山の石としたいものである。

【文献】

1)Jaiswal J, et al:AIDS Behav. 2020;24(10):2776-80.

2)Murphy J, et al:Nat Commun. 2021;12:29.

3)Preston S, et al:PLoS ONE. 2021;16(3):e0246757.

4)Dror AA, at al:Eur J Epidemiol. 2020;35(8):775-9.

早川 智(日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授)[新型コロナウイルス感染症]

ご意見・ご感想はこちらより

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

page top