株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

顕微鏡的大腸炎[私の治療]

No.5057 (2021年03月27日発行) P.38

樫田博史 (近畿大学医学部消化器内科教授)

登録日: 2021-03-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 顕微鏡的大腸炎(microscopic colitis:MC)とは,慢性下痢を主訴とし,炎症所見を病理組織学的には認めるが,内視鏡などでは認識しがたい大腸炎という意味であり,lymphocytic colitis(LC)とcollagenous colitis(CC)に大別される。病理組織学的には粘膜固有層に慢性炎症性細胞浸潤,上皮内リンパ球(intraepithelial lymphocytes:IEL)の増加(IEL≧7個/上皮100個),表層上皮の傷害(平坦化,剥離・消失)に加え,LCではIELの著明な増加(IEL≧20個/上皮100個),CCでは大腸上皮直下に厚い(≧10μm)膠原線維束(collagen band)を認める。中高年女性に多い。LCは欧米に多く,わが国ではきわめて稀である。わが国ではPPIやNSAIDsなどとの関連が疑われるCCが近年多く報告されている。

    ▶診断のポイント

    症状は慢性の水様性下痢を主徴とし,時に血便,腹痛,低蛋白血症,体重減少などを認める。内視鏡的に異常を認めないとされていたが,近年の経験の蓄積により,CCにおいては大腸粘膜の顆粒状粘膜,血管透見網異常,非常に長くて幅の狭い縦走潰瘍・線状溝または線状瘢痕,発赤,浮腫などの所見が特徴とされる。確定診断は生検で行う。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    薬剤性の場合は休薬のみで改善するので,内服歴を詳細に聴取し,薬剤との関連が疑われる場合は被疑薬を中止する。下痢が改善しない場合は,下記の薬剤を試してみる。欧米では一手目として使用されることの多い陰イオン交換樹脂(コレスチラミンなど)1)はわが国では保険適用外であり,また,次硝酸ビスマス(ビスマス製剤)1)は長期連用により精神神経系障害や亜硝酸中毒(メトヘモグロビン血症など)をきたすことがあるので,慎重を要する。

    残り1,081文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    もっと見る

    page top