株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

特集:高齢ドライバーに対する認知機能検査と診断書の書き方─改正から3年が経過して

No.5031 (2020年09月26日発行) P.18

上村直人 (高知大学医学部附属病院精神科講師)

登録日: 2020-09-25

最終更新日: 2020-09-23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1993年高知医科大学医学部入学。1997年高知医科大学大学院卒業。1999年より高知大学医学部精神科勤務および2014年より高知県認知症疾患医療センター勤務。

1 総論─高齢者と運転問題
・高齢ドライバーが増加し,全交通事故に占める高齢者の比率が増大している
・認知機能検査の結果,認知症が疑われる第1分類に判定されると,医師の診断を受けることが義務化された
・高齢者,特に認知症と運転問題は社会的に問題となり,医療者は法律や制度を周知しておく必要がある
・2017年3月12日から,75歳以上の高齢ドライバーは3年ごとの免許更新時と,さらに,基準行為と呼ばれる特定の交通違反を犯した時に,認知機能検査を受けることが必要となった

2 認知機能検査と認知症の関係
・認知機能検査の結果,認知症が疑われる第1分類と判定されれば,医師の判断を求められるようになった
・認知機能検査は,①時間の見当識,②手掛かり再生,③時計描画の3つの項目が評価され,点数に応じて3分類に判定される
・認知機能検査の点数に応じて,次のように判定される
 第1分類:記憶力・判断力が低くなっている(認知症のおそれがある)
 第2分類:記憶力・判断力が少し低くなっている(認知機能の低下のおそれがある)
 第3分類:記憶力・判断力に心配がない(認知機能の低下のおそれがない)

3 認知症高齢者の運転免許更新に関する診断書作成
・診断書では,認知症の診断名,所見,身体・精神の状態に関する検査結果,現時点での病状の記載が求められる
・日本医師会の「かかりつけ医向け認知症高齢者の運転免許更新に関する診断書作成の手引き」が,診断書作成の参考になる

4 対応と生活指導
・診断書作成後も運転中断後の高齢者の地域生活や,在宅指導が重要である
・免許の自主返納制度によって,移動支援や商品の割引などの特典やサービスの提供による生活支援を行うこともあるので,地域の警察の窓口での相談がベストである
・運転中断が困難な場合,任意通報制度が利用できる
・医師は運転中断のために「家族介護者のための支援マニュアル©」を活用すべきである

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top