株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

学会レポート─2020年国際脳卒中学会(ISC)[J-CLEAR通信(111)]

No.5005 (2020年03月28日発行) P.66

宇津貴史 (医学レポーター/J-CLEAR会員)

登録日: 2020-03-29

最終更新日: 2021-01-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月19日から21日までロサンゼルス(米国)で開催された国際脳卒中学会(ISC)から、主に一般医家向けのトピックスを取り上げた。

TOPIC 1 アテローム動脈硬化性脳梗塞に対する積極的LDL-C低下療法は脳卒中を抑制する:TST試験フランスコホート解析

今回のISCでは,昨年の米国心臓病学会(AHA)にて報告されたTreat Stroke to Target(TST)試験から新たな解析が発表され,アテローム動脈硬化性脳梗塞に対する積極的LDLコレステロール(LDL-C)療法は,長期継続により脳卒中を抑制することが明らかになった。一方,脳梗塞と一過性脳虚血発作(TIA)では,積極的LDL-C療法の有用性が異なる可能性も示唆された。Late Breakingセッションで,Pierre Amarenco氏(パリ大学,フランス)が報告した。

TST試験の対象は,アテローム動脈硬化性疾患を認め,かつ3カ月以内の脳梗塞(修正ランキンスコア0~3)既往,あるいは15日以内のTIA既往を有する,フランスと韓国で登録された2860例である。スタチンを基礎薬として,LDL-C目標値「70mg/dL未満」群と「100mg/dL未満」群にランダム化され,追跡された(非盲検)。

すでにAHAで報告されたように,「70mg/dL未満」群では「100mg/dL未満」群に比べ,「虚血性脳血管障害,急性虚血性心イベント・心臓血管系死亡」(1次評価項目)リスクが,相対的に22%有意に減少していた1)。しかしその際,観察期間中央値が2.0年の韓国コホートでは,5.3年のフランスコホートと異なり,リスクの有意な低下を認めなかった(ただしコホート間に有意な交互作用なし)。短期間のスタチン治療では,有用性が十分に発揮されなかった可能性もある。

そこで研究者らは今回,長期追跡が可能だった,フランスコホート2148例のみの解析を試みた。平均年齢は65歳強,約7割が男性で,BMI中央値は26kg/m2,試験開始時のLDL-C平均値は140mg/dL弱だった。

試験開始後の到達LDL-C平均値は,「70mg/dL未満」群で66mg/dL,「100mg/dL未満」群で96mg/dLだった。血圧,HbA1c,喫煙率はいずれも,両群間に有意な差は認めなかった。

その結果,1次評価項目発生率は,「70mg/dL未満」群で9.6%と,「100mg/dL未満」群の12.9%に比べ,有意に低くなっていた(補正後ハザード比[HR]:0.74,95%信頼区間[CI]:0.57-0.95)。治療必要数(NNT)は31となる。

次に1次評価項目を項目別に比較すると,「心筋梗塞・冠血行再建術」(HR:0.66,95%CI:0.67-1.20)や「脳梗塞・TIA」(同0.83,0.64-1.08)では有意差を認めないものの,「70mg/dL未満」群におけるリスク減少傾向が認められた。一方,頸動脈・冠動脈血行再建術リスクに差はなかった(同1.01,0.75-1.36)。また「脳出血・脳梗塞」リスクは,「70mg/dL未満」群で有意に低かった(同0.72,0.54-0.96)。

また,興味深いことに,脳梗塞例とTIA例の間で,積極的LDL-C低下の有用性が異なっていた。すなわち,脳梗塞例では,「70mg/dL未満」群の1次評価項目HRが0.63(95%CI: 0.48-0.83)となっていたのに対し,TIA例では1.94(同0.94-4.03)だった(交互作用P=0.005)。

本試験におけるTIAの定義は,2009年のAHA/ASAステートメント2)に従い,画像上梗塞を認めないものに限られている(画像上陽性であれば,発作が短時間で消失しても「脳梗塞」)。Amarenco氏らはこの結果に驚くとともに,このようなTIAは虚血以外に起因する可能性があるため,今後この種の試験に登録すべきではないとの考えを示した。「TIA」の定義を再考するにも,興味深い結果ではないだろうか。

本試験はフランス政府,ならびに脳卒中サバイバー非営利団体(SOS‒Attaque Cérébrale Association)からの出資で行われ,Pfizer,Astra-Zeneca,Merckの各社からも条件なしの補助金を受けた。また患者登録が遅れたため,予定例数登録を待たず,早期中止となっている。

本結果は,学会報告翌日,Stroke誌にオンライン公開された3)

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top