株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 複数医療機関での勤務時間の通算「慎重に」―日医・松本常任理事

No.4980 (2019年10月05日発行) P.66

登録日: 2019-09-20

最終更新日: 2019-09-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本医師会の松本吉郎常任理事は918日の会見で、医師の労働時間管理に関して、「複数医療機関での勤務時間を安易に通算することについて、当面は慎重にならざるをえない」との考えを示した。

厚生労働省の「副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方に関する検討会」が8月にとりまとめた報告書を受けて発言した。報告書は全業種を対象とし、複数事業者間で勤務した場合、「労働者の自己申告を前提に、各事業者が通算した労働時間の状況を把握する」など、労働時間の管理方法として考えられる選択肢を例示している。

松本氏は医師の働き方について、宿日直、手術、災害医療、研究などのために複数医療機関で勤務するケースが多いことを説明。「一般的な働き方とは根本的に異なり、自由意思ではなく地域医療を守るために行っている」とし、「まさに特殊な事情だ」と強調した。

具体的には、労働時間の通算によって連続勤務時間制限や勤務間インターバルの遵守が困難になり、「地域の医療機関で救急医療のための当直医の確保が難しくなる」と問題視。「地域医療にひずみが生じ、結果的に患者が困る」との懸念を表明した。

その上で松本氏は、「医師の副業・兼業については、医師の健康確保への取り組みと地域医療の継続性の両方を見据えた着地点を模索していく必要がある」とした。

松本吉郎常任理事

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top