株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

(3)遠隔転移検索の検査[特集:最新の肺癌確定診断の進め方]

No.4965 (2019年06月22日発行) P.31

一瀬淳二 (がん研究会有明病院呼吸器センター外科副医長)

登録日: 2019-06-24

最終更新日: 2019-06-19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

治療方針の決定には,遠隔転移検索が必須である

肺癌が転移しやすい臓器は,脳,骨,肝臓,副腎,肺である

胸腹部造影CT,PET/CT,頭部造影MRIを行うことが推奨されている

1. なぜ遠隔転移検索を行うのか

肺癌と診断された場合,続いて病期診断を行う。これは,TNM分類を用いた病期診断によって正確な予後予測が可能なためであり,治療方針の決定には病期診断が必須である。

米国における2004~2010年の肺癌(小細胞癌を含む)の5年相対全生存率は16.8%であり,肺癌のうち57%は診断時に既に遠隔転移を起こしていた1)。各病期における5年相対全生存率は,限局期54%,所属リンパ節転移例27%である一方,遠隔転移例では4%ときわめて不良であった。

遠隔転移が存在する状態では手術および放射線照射による局所治療の効果が非常に限定的となるため,局所治療の前には必ず遠隔転移検索を行わなければならない。ただし,患者に積極的な治療を行う希望がなく,予後を知りたいという意思もなければ,病期診断を行う必要はないとも言える。

2. 肺癌の遠隔転移の特徴

肺癌が転移しやすい臓器は,脳,骨,肝臓,副腎,肺である。ほかにも脈絡膜,皮膚,腎臓,膵臓,脾臓,小腸,大腸,心臓,骨格筋など,どの臓器にも転移する可能性はある。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top