株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 「がんゲノム医療拠点病院」9月にも新設へ―厚労省検討会

No.4965 (2019年06月22日発行) P.66

登録日: 2019-06-12

最終更新日: 2019-06-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省の「がん診療提供体制のあり方に関する検討会」(座長=北川雄光慶大教授)は12日、「がんゲノム医療拠点病院」の新設を盛り込んだ「がんゲノム医療中核拠点病院等の指定要件」を大筋で了承した。早ければ9月にも拠点病院を指定する。

これは、今月より遺伝子パネル検査が保険収載されたことを受けたもの。今後、パネル検査を受ける患者が増えることを見据え、「自施設でがんゲノム医療を完結できる医療機関」として拠点病院を新設するとした。

がんゲノム医療を巡っては現在、ゲノム医療を牽引する機能を持つ中核拠点病院11施設と、中核拠点病院と協力してゲノム医療を行う連携病院156施設が設置されている。拠点病院は、これらの間に位置するもの。

拠点病院の要件としては、パネル検査の医学的解釈を行う専門家会議(エキスパートパネル)を月1回以上開催するなど、中核病院と同等の医療提供体制を求めるとした。一方で人材育成などについては、連携病院と同等の要件とし、中核病院への連携を求める。

厚労省は、9月にも拠点病院の指定を目指す。現在設置されている連携病院から30施設程度を選定する見込み。

同検討会で座長を務めていた北島政樹氏(国際医療福祉大)のご逝去を受け、黙祷を捧げた。

■関連記事

■NEWS がん遺伝子パネル検査の保険適用を了承―中医協総会

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連物件情報

page top