株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

皮膚悪性腫瘍,悪性黒色腫(メラノーマ)[私の治療]

No.4963 (2019年06月08日発行) P.43

藤村 卓 (東北大学大学院医学系研究科皮膚科学分野講師)

登録日: 2019-06-08

最終更新日: 2019-07-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 悪性黒色腫は,メラノサイト由来の悪性腫瘍で,リンパ行性,血行性に転移する悪性度の高い皮膚悪性腫瘍である。臨床病型では,末端黒子型,結節型,表在拡大型,悪性黒子型,粘膜型の5病型に分類される一方,近年BRAF遺伝子変異に対する分子標的薬の出現により,BRAF野生型とBRAFV600E/K変異型にわけられることもある。

    ▶診断のポイント

    デルマスコープによる早期診断が最大のポイントである。悪性黒色腫が疑われた場合には,可能ならば全摘生検を行い,必要に応じて拡大切除を行う。

    残り2,278文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top