株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

特集:COPD早期発見の試み

No.4962 (2019年06月01日発行) P.17

監修: 井上博雅 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科呼吸器内科学教授)

登録日: 2019-06-03

最終更新日: 2019-05-29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

監修:井上博雅(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科呼吸器内科学教授)

■監修のことば

閉塞性肺疾患は,呼吸機能検査のひとつであるスパイロメトリーによって1秒率(努力肺活量測定時に最初の1秒間の努力呼出量である「1秒量」を努力性肺活量で除した値)が70%未満である肺疾患の総称であり,その代表的なものとして「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」と気管支喘息がある。たばこ煙曝露が主因であるCOPDは,肺気腫や慢性気管支炎と以前は呼ばれていた。呼吸困難や咳などの症状により生活の質を損なうだけでなく,呼吸器機能の経年低下が大きい上,呼吸器合併症や他臓器併存症も伴いやすく,生命予後が短縮する。40歳以上のCOPD病率は約10%であるが,8割以上は未診断であることが大きな問題である。

禁煙の重要性とともに,軽症例においても薬物療法の有用性が最近明らかとなり,早期発見の重要性が注目されている。そこで今回,COPD早期診断のスクリーニングツールや,健診や肺がん検診の機会を利用したCOPDの早期発見に関して特集を組んだ。

■目次

1 COPD早期発見をめざしたスクリーニングツール
堂嶽洋一,窪田幸司,籾 博晃,井上博雅 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科呼吸器内科学 *教授)

2 呼吸機能検査を用いた健診によるCOPDの早期発見
尾上あゆみ(熊本大学大学院生命科学研究部生体情報解析学)
大森久光(熊本大学大学院生命科学研究部生体情報解析学教授)

3 肺がん検診を利用してCOPDの早期発見をめざす
藤本圭作(信州大学医学部保健学科検査技術科学専攻生体情報検査学領域教授)

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top