株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

(3)肺がん検診を利用してCOPDの早期発見をめざす[特集:COPD早期発見の試み]

No.4962 (2019年06月01日発行) P.30

藤本圭作 (信州大学医学部保健学科検査技術科学専攻生体情報検査学領域教授)

登録日: 2019-06-03

最終更新日: 2019-05-29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低線量X線薄層CTを用いた肺がん検診は,肺癌だけでなく慢性閉塞性肺疾患(COPD)でみられる気腫性病変および気管支壁肥厚,さらに間質性疾患の検出および禁煙指導に有効である

気腫性病変および気管支壁肥厚の評価は視覚的ではなくソフトウェアで自動的に解析されることが勧められる

COPDのスクリーニングに適した気腫性病変および気管支壁肥厚の程度の決定は今後の問題である

1. 低線量X線薄層CTの台頭

わが国の肺がん検診は,胸部X線間接撮影から低線量X線薄層CT(以下,低線量X線CT)に移行しつつある。

胸部の低線量X線CTによる肺がん検診は,1990年代に世界に先駆けて東京都予防医学協会の「東京から肺がんをなくす会」で始まったことに端を発し,その後わが国をはじめ,他国でも実施されるようになった。最近は,各地の自治体や農協団体,職場で取り入れるところが増えてきている。

低線量X線CTを用いた肺がん検診では,末梢型の数mm程度の陰影から発見が可能であり,肺癌発見率は受診者10万対数百以上と胸部X線検査の10倍以上に及ぶと報告され,米国で行われた大規模臨床試験では,胸部X線写真と比較して死亡率を6.7%減少させたと報告されている1)

最近,低線量X線CT検診は様々な疾患のバイオマーカーとしても活用されてきている。胸部の疾患では,頻度が高く2050年までの重要な死亡原因とされる肺癌,慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD),心臓血管疾患がビッグ3として注目されている2)

本稿では「肺癌CT検診」を活用したCOPD早期発見の試みについて述べる。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top