株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

生活習慣病に罹患している生活保護受給者の割合は?【PickUp 医療データ】(140)

No.4955 (2019年04月13日発行) P.7

登録日: 2019-04-14

最終更新日: 2019-04-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部が選ぶ今週の数字
 

厚生労働省による2015年6月審査分の医療扶助レセプトの分析結果によると、生活保護受給者(被保護者)の25.5%が高血圧、脂質異常症、糖尿病の3疾患のいずれかに罹患している。また、17年6月審査分のレセプト件数に基づき医療扶助の傷病別構成をみると、医療扶助の入院では「精神及び行動の障害」が3割以上を占め、一般医療と後期高齢者に比べ高い水準となっている。医療扶助の入院外では「循環器系の疾患」などが後期高齢者と同様に高い割合を占める。生活保護法改正に伴い、福祉事務所による被保護者の健康管理支援事業が本格実施されるが、生活習慣病だけでなく、精神疾患にも焦点を当てた対策が必要となりそうだ。

生活保護受給者の

は何らかの生活習慣病に罹患している

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top