株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

この食道潰瘍の診断は?[画像診断道場~実はこうだった(127)]

No.4955 (2019年04月13日発行) P.1

引地拓人 (福島県立医科大学附属病院内視鏡診療部部長/准教授)

登録日: 2019-04-11

最終更新日: 2019-04-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

40歳台,女性。
嚥下時の痛みが出現し,持続するため受診した。上部消化管内視鏡検査を施行したところ,上記a,bの画像を得た(bはaの肛門側で,反時計方向に90°回転させたものである)。
既往歴:20代から口内炎を繰り返していた。
入院時血液検査:WBC 5200/μL,RBC 483×104/μL,Hb 14.0g/dL,Plt 31.3×104/μL,CRP 0.28mg/dL,SCC抗原(squamous cell carcinoma-related antigen)0.5ng/mL。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top