株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

(3)プロバイオティクスとプレバイオティクス[特集:整腸剤の使いわけ]

No.4953 (2019年03月30日発行) P.44

内藤裕二 (京都府立医科大学附属病院内視鏡・超音波診療部部長)

登録日: 2019-04-01

最終更新日: 2019-03-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療用医薬品としてのプロバイオティクスの効能は,「腸内菌叢の異常による諸症状の改善」と「抗菌薬,化学療法薬投与時の腸内菌叢の異常による諸症状の改善」である

乳酸菌製剤,ビフィズス菌製剤,酪酸菌製剤の特徴として,特に胃酸,酸素濃度などの環境により菌生育が異なり,各種短鎖脂肪酸産生能も異なる

プロバイオティクス,プレバイオティクスともに,臨床的エビデンスは海外に比較して乏しく,明確な使いわけの根拠はない

1. 腸内微生物叢研究の発展

腸内微生物叢研究における画期的な成果が発表され,腸内環境に対する臨床医の関心が高まっている。これまで,乳酸菌,ビフィズス菌といった名前は知っていても,その機能性,特に腸内環境改善作用が今ほど注目されてはいなかった。腸内微生物叢の概要が遺伝子解析技術により明らかとなり,ヒト個体の細胞数以上に存在する100兆個を超える細菌叢がどのような機能を有し,どのようにして宿主との共同生命体を形成しているかを理解することは,健康増進対策のヒントとなるだけでなく,疾病の予防・治療に向けた重要な研究領域となっている。残念ながら医療用医薬品におけるプロバイオティクス・プレバイオティクスの応用は限定的であり,臨床的エビデンスレベルは決して高いものではない。逆に,食品分野では「特定保健用食品」や「機能性表示食品」として関連の食品・サプリメントが市場に数多く投入されている。

本稿では,まず医療用医薬品としてのプロバイオティクスについて現状を整理し,その後にプレバイオティクス,さらには両者を併せたシンバイオティクスについても解説した。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科(泌尿器科)・消化器外科 各1名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。
現在、指定管理者制度により医療法人社団 苑田会様へ病院の管理運営を行っていただいております。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
6階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
2022年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
又、地域から強い要望がありました透析業務を2020年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科)医の先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

●人口(島原半島二次医療圏の雲仙市、南島原市、島原市):126,764人(令和2年国勢調査)
今後はさらに、少子高齢化に対応した訪問看護、訪問介護、訪問診療体制が求められています。又、地域の特色を生かした温泉療法(古くから湯治場として有名で、泉質は塩泉で温泉熱量は日本一)を取り入れてリハビリ療法を充実させた病院を構築していきたいと考えています。

もっと見る

関連物件情報

page top