株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS 西日本豪雨で岡山、広島、愛媛にJMATを近く派遣 日本医師会

No.4917 (2018年07月21日発行) P.19

登録日: 2018-07-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本医師会の石川広己常任理事は11日の定例記者会見で、西日本豪雨災害の被災地に近くJMAT(日本医師会災害医療チーム)を派遣する方針を明らかにした。今回のJMATは被災した医師会でチームを組む「被災地JMAT」を予定しており、現在、岡山、広島、愛媛の各県医師会が郡市医師会と協議して準備を進めているとする。

JMATの活動内容は、主に災害急性期以降における避難所・救護所等での医療や健康管理、被災地の病院・診療所への支援を行うもの。

会見で石川氏は、今後、避難所の集約、避難者数の減少が見込まれるとしながらも、災害急性期に活動するDMAT(災害派遣医療チーム)を引き継いでJMATが活動していくことを説明。「昨日も被災府県医師会とテレビ会議を開催したが、現地からは熱中症が心配との報告があった」と紹介し、JMATとして、被災地の熱中症対策、感染症対策、DVT(深部静脈血栓症)対策などの健康管理にあたるとした。

また、被災した医療機関と地元医師会を支援するため、近日中に全国の医師会と会員に支援金の依頼を行う予定も明らかにした。

被災した岡山県、広島県、愛媛県、京都府、兵庫県、岐阜県の各医師会と連日、情報共有を図っていることを説明した石川氏

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

関連物件情報

もっと見る

page top