株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

急性気管支炎(小児)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-26
橋本浩一 (福島県立医科大学医学部小児科准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    急性気管支炎(acute bronchitis)とは,発熱,咳嗽,喀痰などの気道症状がある患者で,胸部聴診で様々な副雑音を聴取されるも,胸部X線像では明確な異常陰影が認められない場合の臨床的診断名である(成人は「§3-3 急性気管支炎(成人)」参照)。

    特に基礎疾患や合併症がない場合は,1~2週間で自然にあるいは治療により軽快する。

    急性気管支炎はウイルス感染症によるものが多いことから,抗菌薬の適正使用に心がける。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    急性気管支炎は,ウイルス感染症によるものが多い(表11)2)

    22_18_急性気管支炎

    一般的にはウイルス性上気道炎に続いて,発熱,乾性咳嗽で発症し,しだいに痰を伴い湿性咳嗽となる。

    気管支上皮が感染,炎症により損傷され,気道過敏性が亢進し咳嗽が1~2週間続くが,おおむね3週間以内に自然軽快する。

    【検査所見】

    胸部聴診所見:病初期において明確でなく,病状が進展し咳嗽が増悪するに従い,呼吸音は荒くなり,副雑音(crackles,rhonchus,wheeze)が聴取されるようになる。

    胸部X線:正常範囲か,気管支周囲陰影の増強がみられる。

    血液検査:結果はウイルス性,細菌性など,原因により様々である。

    培養検査:病原微生物を把握するために,必要に応じて病原診断を行う(表2)。病原体の確定により適切な薬物療法が可能となる。

    22_18_急性気管支炎

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top