株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

無月経・乳汁漏出症候群/PRL分泌過剰症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-25
井上和子 (群馬大学医学部附属病院産科婦人科)
峯岸 敬 (群馬大学大学院医学系研究科産科婦人科学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    授乳期以外に乳汁の漏出を認め,無月経を伴うものを乳汁漏出性無月経という。その約90%に血中プロラクチン値の上昇が認められる1)。高プロラクチン血症は一般女性で0.4%,卵巣機能異常のある女性で9~17%の頻度とされる2)

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    月経異常(無月経,希発月経,無排卵周期症,黄体機能不全),乳汁漏出,不妊。下垂体腫瘍による高プロラクチン血症では頭痛や視野狭窄を伴う場合がある。

    【検査所見】

    血清プロラクチン値が基準値を超え,異常高値を示す。

    各種検査法により基準値は異なる(EIA法2.7~28.8ng/mL,IRMA法1.4~14.6ng/mL,CLIA法4.3~32.4ng/mL)。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top